コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

花見

今年の花見のこと。長くなるけど、見たくない人は見ていないので大丈夫、自分の覚え書き、ってことで。

いま働いている病棟で、花見係を仰せつかった。この花見は、職員の娯楽ではなく、入院している人達のために、毎年この時季に開催している。花見当日に命があれば参加するけど、無ければ欠席、そんなギリギリの出欠。

その日は夜勤明けだった。前日の夕方から、16時間ぶっ通しで働いた後なので、いつもだったら意識朦朧で、うちに帰るのがやっと。こんな夜勤が、月に5~6回あるので、実は、体は前の職場と同じくらい、けっこう疲れている。そして休みでも、研修とか行事とかで駆り出されたり、飛行機に乗ったりするので、休まらない。でも、理不尽ではないので、腹いせに竿を振る必要が無いという仕掛け。おかげさまで。

で、その日は特別に無理をして、家に帰らないでそのまま残って、参加する人を連れ出す準備からスタート。着替えて、帽子を被って、薬を飲んで、車椅子に乗って…。

職員や、ボランティアスタッフの数は、参加者の人数の2倍集めたので、自分で動けない人でも大丈夫。そしてみんなで、車で10分の公園に大移動をして、たった1時間の遠足がスタート。偶然、桜は満開だった。

桜の下では、飲んだり食べたり出来なくなった人も、話が出来なくなった人も、一緒に行った御家族たちも、みんな笑っていた。これが人生最後の花見で、奇跡なんてもう絶対に起きなくて、自分には「来年」なんて来ないことは、全員知っているのに、そういうことを言う人は1人もいなくて、桜の下で、みんな笑っていた。作り笑いや愛想笑いは無い。眠くて倒れそうだったけど、そんなことは忘れて、いつの間にか一緒に笑っていた。

どんなに頑張って勉強をしても、この人たちが困ったとき、何も出来ない。本当に何もできない。でも、ただそばにいて、一緒に過ごすことはできる。ただそばにいるのを、どうして良いのか分からなくて、なりゆきでそこにいるのと、意図的にそうするのとでは、まったく違う。私は意図的にやる。そこらへんが専門ってことで、果てしなく無力で、見返りも何も無いけど、楽しんでいるところ。

ではまたいつか。ごきげんよう。

強風で桜吹雪…



さようなら


プロフィール↓2010.12.11.
最新記事
リンク
カテゴリ
Twitter
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。