コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

昔の話

23日、朝9時出発。
クラウンに注意しながら、予定ピッタリ12時半に函館到着( ̄ー ̄)v

妹と姪と会う約束の13時までに、行っておきたい場所があった。
途中の道が混むので、ほかの経路を探すため、スマホのナビを起動。

どれどれ・・・

ナビに言われた通りに進んでいたところ、これはどう考えても違うだろうという場所で、曲がるように言われ、助言を無視して突破したら迷子になった。言うとおりにしていれば近道だった。

やっと、それらしき場所に差し掛かる。

あれ・・・

あーーーー

無い(/-\)

あたしの通っていた高校が無い。
知っていたくせに、何もない地面を見てガッカリ。

数年前に廃校になり、取り壊されることが決定。昨年は、その校舎に卒業生が大集合。最後の学校祭に参加させていただいた。卒業後、二度と入ることはないと思っていた校舎に再び入ることができ、長年ひっかかっていたことから解放されたような気がした。

大昔、自分の卒業式で。
ユーミンの曲「卒業写真」が流れる中、卒業証書を手にして体育館を退場。
友だちはみんな泣いていたけれど、あたしは1滴も泣かずに通した。で、二度と校舎に入らない覚悟をして門を出た。泣いているどころではなかった。

諸事情から、18歳になったら独りでやっていこうと決めていたので、高校卒業後はどこかへ就職しようと考えていたところ、3年生の1学期、働きながら通える看護学校が札幌にあることを知って、そこへ行くことにした。働ける上、看護師の資格も得れば、たぶん食いっぱぐれることは無い。独りで生活するには、もうそれ以外には思いつかない。で、進路指導の先生に「看護学校へ行きます」とだけ宣言。

友だちには志望校を言わないでおいた。同級生の中に、看護師になりたいという子が何人もいたけれど、その子たちが目指していたのは働かないで通う学校だったので、自分の話をしても仕方がないと思って、黙っていた。言うのがめんどくさかった。

ある日、「1日看護婦さん体験」みたいな、職業体験のイベントの誘いがあったけど、即決で断った。看護師の実際の仕事なんて見たら、なりたくなくなりそうな予感がして、そうなったら困るから、見ないほうが良い、という理由。すごいな。看護学校志望で行かなかったのは、あたし1人だけ。で、なんで行かないのー?という友だちを、笑ってやり過ごした。

やがて進路指導で志望校を聞かれる時期。先生に、働きながら通う学校を受験しますと言ったところ、そんな学校は認めない、この高校からその進路に送り出したことは無い、ひとりも居ない、と怒られた。

「じゃどうしたらいいのー?」
「ダメだと言ったらダメだ」
「そこしか行けないもん」
「ダメだ、そこへ行ったら、北高の卒業生として認めない!」
「石頭ヽ(`Д´)ノ 」

みたいな言い合いが、確かあったと思う(笑)
で、あたしはここの卒業生としては認められないんだー、もう二度と来れないんだー、じゃあもういいよ、ということで、職員室には近寄らなくなった。

結局、その進路に進むしかなく、二度と学校には来ない覚悟をして、門を出たのだった。まるで家出のような心境だったけど、2週間後には札幌で新生活が始まる予定だったので、さびしいような、ワクワクするような、本当に複雑な3月15日だった。

今思えば、その働きながら行く学校をいうのは、恐ろしく遠回りで、しかも大変で、それを知っていた先生は、あたしの事がかわいかったから、止めさせたかっただけ。でも色々な事情も知っているから、ただダメだと言うしかなくて。「卒業生と認めない」とでも言えば、あたしのことだから、何とかするかもしれないと思って、苦し紛れに言っただけ、たぶんそうだろう。でも17歳のアタマでは、そんな先生の親心を理解できるはずもなく、ヤケクソで「もう二度と来ません」と言うしかなかった。とにかく必死だった。

いまだに思考回路がまったく変わっていない自分に唖然。

でもあのとき、自分で決めた道に進んで良かった。どんなに大変でも、自分で決めたことだから、黙って頑張れた。「食いっぱぐれないから」などという不純な動機で選んだ職業だから、こんなに一生懸命やっている自分は想像できなかったけれど、この道に進んで本当に良かったし、遠回りも損ではなかったと思っている。そして今は、もう少し先に進んでみたいと思って準備していたりして。17歳のあたしが見たら、ぶったまげるだろうな(笑)

ためしに反対側からも見てみる。

無い。


去年、校舎に入れていなかったら、どんなに心残りだったかと思う。
さようなら。
ありがとう。


妹に連絡したところ、「ほんとうに墓参りに行くの?」などと言う。何のために来たと思っているのあなた達と食事をしに来たのではない、と言いつつ14時、3人で秘密のパスタ屋さんに行って、昼食を食べて、墓参りに連れていってもらった。

うちの墓は、この観光名所の中、なわけない。

こちらの名所のすぐそばの、いつでも海が見える場所にある。
良かったね。


帰りに有名洋菓子店へ寄ってケーキを3個買って、17時には寿司屋から出前を取って夕飯をセッティングされた。昼食と夕食の間が3時間しか空いていないにも関わらず、3人とも負けず嫌いだから、もう食べられないなんて誰も言わないで完食。そんな中、看護師になると話す姪は16歳。最強で最短の道を伝えておいた。

とどめに、これを買って…

千歳でも売ってください

帰りは18時に出発して日帰りに成功。疲れているヒマは無い。
で、無事故、は当たり前。無違反で帰宅。


長いな。
夜勤明けで眠くて、神経が誤魔化されているので、あれこれ昔の記憶ばかりがよみがえる。

寝る。
おやすみなさい(笑)
プロフィール↓2010.12.11.
最新記事
リンク
カテゴリ
Twitter
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。