コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

第10回茨城大会

更新するのを忘れていました。今日は大晦日ですが、盆正月は関係ない職業なので、特に何も感じないです。改まった挨拶も無しです。今年1年のことは、ちょっと振り返って忘れます。

1~2月、実習
3月、卒業試験 卒業 北海道に帰るのをやめる
4月、実習先に就職(期間限定)
5月、資格試験
6月、退職 やっと北海道に帰る
7月、資格試験に受かったので遊び呆けておく
8月、就職

いくら家庭内別会計で、私の予算内とはいえ、ちょっと自由にやりすぎた感じがします。反省してます。10か月間の自由な独り暮らしのツケは、低たんぱく血症です。なかなか回復しないです。うどんで生きていたことを後悔します。

こんなのがある事に早く気づいていれば、食生活も、もっと違っていたのに…

超便利。しかもまあまあ美味しいです。妹親子は、これで生きているんだそうです。

料理は決して嫌いじゃないのに、あえて手抜き料理で生きる。こんな姉妹の生活を、草葉の陰から母がみて呆れていると思います。

そういえば、5日くらい前に、ドアに挟めた右手の薬指の先が、直径1センチくらい真っ黒けになっていて、ちょっと気になります。この黒い部分、挟んだ直後は血豆みたくなっていたので、針で刺してみたところ、意外に深くて何も出てきませんでした。その後、血流が無くなった組織が死んだため、黒くなったんだと思います。いつか取れて無くなると思います。画像はやめておきます。

やっと本題↓↓


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今年の最後に、第二の故郷となった関東で、大会に参加させていただきました。運営の皆様、参加者の皆様、お世話になりました。ありがとうございました。

今回は、生まれて初めて借りたレンタカーで、GAZIMEさんを助手席に乗っけて首都高を爆走しての移動。もう「東京」の文字をみても、足がすくんだりはしません( ̄ー ̄)v

借りたのは街乗り用の車。ジムニーとは違って快適で、スピードを出しても危なっかしくなくて、ビックリしました。しかも燃費がすごく良い。リッター10キロ以下のジムニーとは違います。でもこれからもジムニーで生きていきます。老婆になって、あの高い座席に乗り込めなくなったら、別の車を考えます。


【 結果 】

EV-1(フライ正確度)
○○○○×○○○○×
○○○○○○○○○○  90点
いっぱい当たるとスコアを覚えるのが簡単。


EV-2(フライ片手投げ距離)
1st 47.12m   2nd 41.36m   風速0.87m
練習以上のことが出来た\(^∇^)ノ


EV-6(フライ両手投げ距離)
1st 49.37m   2nd 49.00m   風速0.72m
練習で出来たことが出来なかった(笑)


シートラウトディスタンス
33.73m 風速0.66m
湖に釣りに行きたくなった。


サーモンディスタンス
37.95m 風速0.49m
本流に釣りに行きたくなった。


でっかいメダルをいただきました。首から下げるのは、たぶんこの時だけだけど、とても嬉しい御褒美。



人のことは書かないつもりでしたけど、今年の最後にちょっとだけ。

今回の遠征は、Aちゃんと再会できたことが、一番嬉しかったです。この日が来るのをずっと待っていました。元気で頑張ってることは知っていたけど、顔見て無事を確認して抱き合って(笑)安心しました。ありがとうAちゃん。また一緒に笑ってね。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


いま紅白をみていました。

偶然、石川さゆりは「津軽海峡・冬景色」でした。自分で決めて北海道に帰ったんだから頑張れ、と言ってくれているような気がしました。そして10代の頃から大好きだったレベッカは、自分の力でなんでも出来るようになったね、立ち止まらなくて良かったね、と言ってくれているような気がしました。勝手だな(笑)

録画しておいて、また観るのを楽しみにしていたのに、たった今、GAZIMEさんが録画を失敗したことが判明。人をあてにしてはいけないことを、再確認しました。

(ノ-_-)ノ~┻━┻

寝ます。
良いお年を\(^∇^)ノ




スポンサーサイト
コンテントヘッダー

近況

こんばんは。いきなり冬ですが、いかがお過ごしでしょうか。

わたしは元気に働いています。8月に再就職したばかりですけど、10月に部署異動があって、また1から仕事を覚え直さなければならず。しかも異動先は猫の手も借りたいほどの大忙しで、毎晩帰宅は21時。でも去年までの職場とは違い、勉強してきた分野の仕事なので、なんだかんだ言っても楽しくやっています。

道路が凍ったので、通勤時間が通常の1.5倍となり、毎朝起床は5時半です。眠いです。でもちゃんと弁当を作って行ってます。

弁当作り・朝食・身支度全部の所要時間は40分間です。超忙しく慌ただしく生きる中で、いつの間にか身に付いた技の1つですが、今が最速だと思われます。これ以上の短縮は、まずどう頑張っても無理です。着替えの時間を短縮するために、服を着て寝る勇気はまだありません。

長くなった通勤時間にやっていることは、あまり変わってはいませんが、さすがに車内で食事をするのはやめて、概ね鼻歌を歌ってます。最近は演歌も参入。津軽海峡冬景色なんかは、道産子が本州から北海道に帰る話だったのねということに初めて気づき、ビックリしました。6月の自分と重なり、けっこう気に入っています。

♪津軽海峡♪冬景色~~(熱唱)


遊びには行けません。休みのほとんどが、研修やら職場の行事で埋まっているからです。研修の予定をビッシリ入れた8月の自分を恨みます。ですが文句を言っても仕方ないので、元気だった自分の命令通りに、ひたすら動いていました。


11月は、2日間しか休みが無くて。そのうち、半日だけ支笏湖に釣りに行って…

飛行機の窓から見ると、小さな水たまりみたいな支笏湖


いろんな話しをしてきました。釣りに行って、話す。意味不明ですか。ちなみにこの日はボーズでした。
http://bigforest.seesaa.net/article/430879722.html
やしさん、ありがとう(*^3^)/~☆


12月に入り、研修が一段落したので、振りに行ってみました。

水道が止まっているので、雪を溶かそうと思ったら、帰りまでこのまんま。

なので凍りついた千歳を出て、芝生を探して南に走ったら、2時間も走っちゃって。たどり着いたのは素敵な芝生。


しかしまったく練習していなく、運動不足の冷えた身体では、思いっきり振っても飛ぶわけない。

(ノ-_-)ノ~┻━┻

遠くまで来たのに、すぐ終了。

ここは幼児の頃に母と過ごした地域。ふと、母の昔話に出てきた名所が近くにあることを思い出して、せっかくだから行ってみました。

記憶を頼りに、それらしい公園の名前を地図で探して、見つけたのは小高い岡の上にある、とあるおじさんの銅像のある公園。勇ましくて、頼りになりそうなその人は、北海道に元々住んでいた人々の英雄なんだそうで。


当時25歳だった母は、1歳になったばかりの私を抱っこして、橋を渡り、この像を見に、よく来ていたと言っていました。

しかしここ、子供を抱いて徒歩で来るには、急な坂道なので絶対に大変。

だけど母はよく来ていた。そうせずにはいられない、何か理由があったのでしょう。

きっと、転勤で故郷を離れて友達は誰も居なくて、旦那の帰りは遅くて、話し相手はまだ話せない私だけだから、暇な毎日で。つらかったのかもしれないです。それで、こんな山の上まで暇潰しに来るしかなかったのかもしれないです。

母は、返事をしないこのおじさんの像に、何か話しかけたりしていんだろうか…
ちなみに私はこう見えても、銅像に話しかけたりはしません(笑)

帰りはきっと、私は寝ていて、寝た子供って重いから大変だったでしょう。でも下り坂だから大丈夫だったかな。なんてこと妄想しながら、もっと色々聞いとけば良かったとか、「孝行のしたい時分に親は無し」という言葉を他人事だと思っていた自分を懐かしく思ったり。あの雑誌なんか見せたらめっちゃ喜んだだろうな、なんて思ったり。しかしもう手遅れ。なので、仕事でかかわる人達が、めいっぱい最後の親孝行をできるように、お手伝いをさせていただく毎日。ありがたいことです。

で、ここに2回ほど練習にきて、第二の故郷となった関東へ、竿振りに行ってきました。

つづく。



プロフィール↓2010.12.11.
最新記事
リンク
カテゴリ
Twitter
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。