コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

好きな曲の話

久々に自分のブログを開くと、見慣れない景色。

なにこれーーーーーーー!!!
 ↓ ↓ ↓

201306251

>上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
>新しい記事を書く事で広告が消せます。




あーそうですかーはいはい。
すいません(笑)

この1ヶ月、色々なことがあって、書くに書けなかった。
色々な事件や災いが、次々に起こっていた。
人生いろいろ。参った。

しかし、かの有名な占い師、細◎◎子氏によると、
今年のあたくしの運勢は、12年に一度だけやってくるという
最高に良い1年で、何をやってもうまくいく、らしい。

ふ~ん・・・


んなアホな(ノ`ω´)ノ・・・~~┻━┻


でもまあ、もしかして、そう言われてみれば、そうかも。
考えようによっては、悪い事ばかりではない。

だって夜勤が大幅に増えても、まったく風邪をひかない。
健康そのもの。

嫌なことがあった時も、思った通りに行動し、後悔しなかった。

急に決めた超弾丸遠征も、みなさんに
あれやこれやと世話をしていただき、無事に帰ってこられた。

数週間前、フェレットの最期には、ずっとそばに居られた。

函館大会後、病気の身内を見舞うために、夜勤明けとか、
夜勤に挟まった空き時間で、千歳・函館間を往復すること数回。
ジムニーでノンストップでブッ飛ばしても、無事故無違反で、
一度も雨も降らず、移動は順調だった。

というか、古いジムニーでは移動出来なかった。
2月に車を買い替えておいたから出来たこと。良かった。

病気の身内、というか、今まで「母」と書くのが怖かったその母との、
わずかな最期の時間は、わたしは夜勤になっていて、
交替する人がいなかったため、付き添いは出来ないのはもちろんのこと、
途中で急変しても、最後まで働き通すしかないという、
最悪な状況(なんという職場…)

しかし、いよいよという時、見かねた仲間が夜勤を
交替してくれることになり、函館に行ってきていいと言っていただき、
大至急、函館に駆けつけて、最期の1日を、
付きっ切りで過ごすことができた。

そして初めての身内の葬儀。
何も分からない2人の娘と、その家族たちで、
葬儀社の担当者さんや、お坊さんに、突拍子もない質問を連発して
激しく呆れられながらも、分からないことはすぐに聞く、
という姿勢を貫いて、滞りなく相済ますことが出来た。

初七日までの1週間、1日の睡眠時間は平均3時間弱、
寝床は椅子か、車のシートか、寝袋か、という
信じられない生活だったにもかかわらず、
ただ眠いこと以外は、何の体調不良も起こさずに、元気に帰ってこられた。

函館に一緒に連れて行ったフェレットは、小さいケージの中で、
とてもお利口さんにしてくれていて、具合が悪くなることも無く、
めんこい顔で、あたしを見上げていた。


ほんとうに。
何をやっても上手くいく。
なんとかなる。


ところで。函館から帰宅後。
引き出しから、去年の夏、母からもらった手紙が出てきた。
病気になる前、わたしの誕生日にくれたもの。
返事は書いていない。

「新聞見ました。職員の数が足りないと。本当に忙しいのですね」

そうなんだよー。忙しいんだ。
親の死に目にもあえない職場だからね。


「能力不足の人材で頭数を揃えても、大変なのはあなたたちでしょう。」

何も教えていなかったのに、なんで分かるの。


「気分転換はできていますか」

内緒にしていたけど、気分転換は簡単。
芝生で動けばすぐ忘れられる。


「あなたのことだから、上手く切り替えて、
自分自身はコントロールできていると思います。」

まーね。愚痴を言いながらね。


「○○(←妹)は心配ですが、あなたのことは、心配していません。」

ふーんだ( ̄^ ̄)


あらゆる事を、母に言っていなかった。
言いたくても、もう遅い。

葬儀では、母の親友たちを代表して、
同級生だった紳士から、弔辞をいただいた。

「あなたは頑張り屋で…」
「前向きで…」
「明るくて…」
「弱音を吐かずに…」

へー。
そうだったんだ。

見事に遺伝して良かったね。


さ。また仕事。
きっと何をやっても何とかなるはず。
体も元気だし。
頑張る。


そういえば、「ひこうき雲」という曲が、
某有名監督の映画の主題歌になった。
わたしの大好きな曲。
ずっと前から好きだったのだけど、
数年前に飼っていたフェレットが
急に具合が悪くなったのをきっかけに、
(たくさん飼っているのである)
なおさら良く聴くようになった。

その後、仕事で誰かが亡くなる場面に
立会いそうな予感がする時は、
車の中で聴きながら出勤するようになった。
今回、フェレットの調子が悪くなった時も、
母の状態が急に悪くなったことを知った時も、ずーっと聴いていた。

これを聴いていると、死ぬ前に何を見ているのか、
何を考えているのか、想像できそうな気がする。
命とは何か、死とはどういうものなのか、静かに考えられる。
目の前で何が起こっても、ありのまま受け止められるような気がする。
涙が出る前に、止められそうな気がする。
こんな仕事をしている自分は、どんな場面に遭遇しても
冷静でいるために、色々な心の準備をしておかなければならない。
その時間を持てるような気がする。
名曲だから、沢山の人に、知って欲しいと思う。


ひこうき雲


ついでに。
「まぶしい草野球」

女の子が、たぶん好きな男の子の部活を見に行った話だと思う。

♪寝坊できる休みの日にも
♪なぜ慌てて飛んでいくの
♪そんなに夢中にさせるもの
♪覗いてみたい

わたしが竿振りに熱中している所は、
母には一度も見せたことが無いし、詳しくは言っていなかった。
「釣り大会での競争がおもしろい。練習が忙しい。」
としか伝えていなかった。

見たかったかなー。
でももう手遅れだし。

なんてことを考えながら、
この曲もまた、ぐるぐる聴いている。



まぶしい草野球


はい。
記事更新したので、広告は消滅したはずだけど。
この記事を消したら、広告が復活しちゃうんだろうか。
あとでやってみるかもしれない。

次は、広告が表示されたり、
エロサイトからのコメントが来たりしないうちに
更新しようと思う(笑)

じゃ(*^-')b


おとといの芝生。いつの間にかクローバーの季節

四つ葉は見つからなかった・・・


 
スポンサーサイト

続きを読む

プロフィール↓2010.12.11.
最新記事
リンク
カテゴリ
Twitter
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。